FC2ブログ
はじめの一歩編 
全員無事では無かった・・・けれども、楽しく開催する事が出来ました

本気の初めての方、少しは経験のある方、ワタナベの探索仲間、偶然?林道でお会いできたお客さんなどなど、事ある事に新鮮な感情や発見などを与えてくれる、メンバーに感謝です。


朝7時半に出発したのもあって比較的涼しい中、軽快に奥山・扇山林道を走ります。
ここは超フラットダート低速ならどんなバイクでも走れます(お勧めはしません)
マウンテンバイクやハイカーなどたくさんの人が通るのでもちろん飛ばして走るなんてのはもってのほか

IMG_2148.jpg
当日は5本の林道を走ったのですが全てフラットダート(砂利道)。ただその中でも行き止まりの林道は使われてないだけに所々グチャグチャな箇所や少し荒れた所があって最大の難関と思ってたら全然関係なく走るしむしろ楽しいぐらいの事言うしで林道ライダーの素質を垣間見れました

IMG_2151.jpg
絶景の中(アクトシティ見えるし富士山も見えそう)みんなでまったり休憩タイム。
林道ツーリングの醍醐味ですね。悪戦苦闘した(あんまりしてないけど)同志あそこはこうだったとかどうだったとか話がつきません。ほぼみなさん初顔合わせなのに「友達」でしたね。そう言う雰囲気を作ってくれるメンバーにも心和みました。

次の中級編(経験者&難所あり)ではこの同志の絆がもっと深まります。
最終的には上級編(難所だらけ俗に言うアタック系)ではもう仲間と呼べる間になるでしょう…
今回、残念なことに独りケガをしてしまいました。もちろん想定内の事だし、林道を走るライダーのあるあるで、林道よりも出た後の舗装に砂利や落ち葉などが浮いていて非常に滑りやすい。林道なんかよりそっちの方が滑るぐらいです。

ワタナベ自身も何回も舗装路で転倒してるので気を付け方も変わります。
少し固い話ですが、バイクを乗る以上全て自己責任。もちろん公道(市街地)を走っていればもらい事故も在るでしょうし多少自分が悪いにしても「そりゃ無いね」って言う事故にも遭遇してしまいます。ただ林道ツーリングの場合99.9%自分が悪いのです。冷たい言い方かもしれませんが技量以上にスピードを出せば曲がり切れず谷に落ちますし、ブレーキのかけ方が悪ければ握りゴケしますし、走行ラインを読み間違えればスタックして動けなくなったり、すべて自分の技量や判断なのです。だれが悪い訳ではありません。(厳しい)

だからこそ初めてや慣れないうちは、複数で行動して欲しいですね。もちろん慣れてるから良いって訳ではないと思うのですが、経験があるからこそ対処出来たり事前に準備したりとリスクを減らせます。ワタナベ自身もそうして来れたし、リスクゼロには出来ないけれどゼロに近づける事は出来ます。

今回の転倒&ケガも他のメンバーが先に行ってしまったワタナベ達を呼びに来てくれたり、バイクを起こして損傷個所などを見てくれたり、ティッシュや薬を持っていて渡してくれたりとみんなが協力してくれて、本人は何とか家まで帰れました。

当事者の彼がみなさんに「ご迷惑お掛けしました」と謝っている場面を見て嬉しく思いました。
そうですよね明日は我が身で「持ちつ持たれつ」ライダーの基本ですね!

参加して頂いたメンバーの方々、ご迷惑お掛けしましたが、助かりました。有り難うございました。

バイクサポートFTW・渡辺

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可